FrontPage

夏のベストスキンケア!夏に行うべきケアをまとめました!

実際に、スキンケアを行い際には、多くの皆さんが、特に夏に注意しながら真剣にケアを行っているという人が多いと思います。夏を思いっきり楽しみたいという気持ちがあっても、逆に紫外線の影響を受けやすいのですが、今回は、夏にお勧めできるスキンケアについて紹介していきます。

・クレンジングです。季節に関係なく、普段から使っているクレンジング料が自分の肌に合っている場合には、問題ありません。しかし、オイル系は刺激が強い傾向にあるので、長い目で見るとクリームタイプかミルクタイプが肌への負担が少なく、クレンジングをする際に、刺激を与えることなく使う事が出来ます。夏は、メイクなど汗で流れるのですが、クレンジングは必要です。擦り過ぎないようにして、時間をかけ過ぎないクレンジングを心がけてください。

・洗顔です。夏は皮脂が多く分泌されて、汗汚れを付着しやすくなっています。洗浄力が豊かで肌に優しい固形石鹸がお勧めできます。洗顔の目的は、肌の老化の原因になる時間がたった皮脂をきちんと落とす事です。洗顔をすることにより、ツッパリ感が出てしまうという人もいますが、その後の保湿化粧品できちんと整えれば問題ありません。

人気となっているペースト状の洗顔フォームは、流水後のしっとり感はあり真っすが、油分が多いので、すすいだ後に成分が肌に残ってしまい、その後に付ける化粧水や美容液の浸透を妨げる可能性があります。ポイントとしては、落とすものはしっかり落とす必要がありますが、補うものもしっかり補う事により肌を整える事が出来ます。

・化粧水です。洗顔後には、皆さん化粧水をつけると思います。化粧水の選ぶ方により美肌の別れ道となります。夏は特に紫外線を浴びる確率が高く、シミの元になるメラニンの活動が活発になります。そのために、保湿目的よりもシミ対策向けの化粧水を選ぶことが大切になってきます。

代表的な成分としては、ビタミンC誘導体です。水溶性の物が多く、化粧水やローションなどの水っぽいものに多く配合されています。シミ用化粧品としては評価が高く、しみやたるみの原因になるコラーゲンもサポートしてくれる美容成分となっています。

・美容液です。化粧水のみのケアという人もいますが、美容液もきちんと使ってスキンケアを行うようにしましょう。気温や湿度が高いと乾燥が気になります。しかし、クレンジング、紫外線、冷房などにより、肌の潤いは確実に奪われているのです。実感として現れないのですが、水分蒸散は年中行われているという事を知っておいてください。

30代を過ぎると特に、夏場の保湿ケア不足が影響して、秋口にそれが症状として現れる場合が多く、カサカサ感やツッパリ感を伴う事があります。そうならないためにも、しっかりと保湿成分が配合されている美容液を使うのがお勧めできます。保湿成分として有名なセラミド、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、エラスチンなどが配合されているものを選ぶようにしましょう。

・乳液・クリームです。基本的には、乳液やクリームは油分が多いので、皮脂の分泌が盛んになる夏場は必要ありません。クリームの元々の目的は、肌を滑らかにしてツヤを出す事です。その役割を担っている皮脂が激減する40代になって取り入れるのが良いです。また、乾燥が現れやすい目元や口元などにピンポイントで使うのもよいと思います。

エイジングケア向けの美容成分は、水に溶けないものが多く、化粧水やローションに配合されにくく、クリームに入れられるケースが多いようです。夏でもクリームを顔にベタベタ塗っている人がいますが、毛穴の詰まりや肌の調子を左右させてしまう要因となりますので、美容液に配合されたものを選ぶようにしましょう。

・ピーリングです。夏に有効と言われているスペシャルケアとしては、ピーリングが挙げられます。紫外線を浴びやすい季節は、シミの原因になるメラニンが多く生産されます。ビタミンC誘導体入りの化粧水で抑制しきれないメラニンを排出する為にビーリングケアがお勧めできます。

肌の老化対策としてピーリングがお勧め出来て、シミ対策だけでなく、健康な肌のバロメーターとなるターンオーバーのサポートやシワやたるみ、毛穴の開きの原因になるコラーゲン、エラスチンの生成にも効果を期待する事が出来ます。最近では、自宅で簡単にできるホームピーリングが多数ありますので、自分に合った方法で行っていくようにしましょう。

何よりも乾燥してしまう冬より、夏の方が肌の老化を促進する要素が多くあるので、夏には特にスキンケアをしっかり行うようにして、必要な成分を補って行く必要が亜あります。

肌を守っていくためにも、老化を防止するためにも大切なことは、自分の肌に合ったものを選ぶようにして、肌の状態を見極める事も大切になってきます。成分の確認や使用感などにより、季節でスキンケアを使い分けることにより、より美を追求する事が出来ると思います。

老けない習慣を身につける!老けない人がやっていること

女性は何歳になっても若く健康を維持していきたいと考えている人が多いと思いますが、その中で何より大切になってくるのは、老けない習慣をつける事が重要なポイントになります。外見には皆さんが気をつけていると思いますが、内側からのキレイを目指す事により、老けない習慣を身につける事が出来ます。

■老化について知る事です。老化というのは、女性にとって敵ですが、戦う為には、老化の正体をしっかり知っておくこと大切です。老化の原因としては、1つではなくたくさんあります。主に、テロメアで細胞の寿命を伸ばす、ホルモンレベルの低下を防ぐ、炎症によりダメージを防ぐ、酸化を防ぐ、糖化を防ぐ事です。このような老化の要因を対策していく事が老化を防ぐ事が出来ます。

最近では、老化を防止するというような商品も沢山販売されていますが、老化の原因は1つではないのでこれで大丈夫というような確信は持てません。逆に怪しいと思う方が良いと言えます。老化の原因とを理解することにより同時に、内側からのケアを行っていく事が出来ると思います。

■カロリー制限です。老化を防ぐためには、カロリー制限を行う必要があり、食事のカロリーを少なくするようにしましょう。カロリー制限は長寿効果を示す研究はたくさんあります。日常の食事できちんとカロリー制限を行っていきましょう。

注意点としては、カロリー制限と聞くとダイエットと考える人もいますが、ダイエット目的でカロリー制限をするのではありません。短期的な食事制限ではなく、人生を通して少食を心がけることに事が大切で、お腹かいっぱい食べるのではなく、腹八分を心がけていく必要があります。

■適度な運動が大事で過度な運動は避けるです。日常の生活の中で運動が欠かせないという事を耳にしますが、過度な運動は活性酸素を発生させてしまいます。適度な運動に関しては、代謝を正常化して病気の予防やアンチエイジングに良い影響があると言われています。体を使わない機能は失われていきますので、寿命よりも体力や生活、健康を維持する為に、適度な運動がお勧めできます。

■脳を最大限に使う事です。脳を最大限に使うことにより、肌の状態が良くなったという研究結果などもあります。青春時代のような気持ちを持つことにより、様々な物事を理解する事が出来て、何にでもチャレンジしていく気持ちになります。運動をすることにより、筋肉は疲れると言われていますが、脳は疲れないと言われていて、勉強などの際に疲れたと感じる時は、脳ではなく目が疲れていると言われています。

脳は情報を記憶して処理するだけでなく、体全体をコントロールしている場所でもあります。使わないと衰えてしまうのは脳も同じで、脳を衰えさせない事が体を老化させない為に大切な事と言われています。

実際に自信がないという人も多いと思いますが、大人でも様々なことを学んだり、新しいスキルを学んだり、様々なことに興味を持つことにより、自分の自信へを繋がっていきますので、脳を使うようにしましょう。

■ストレスを溜めないです。今の時代は、ストレス社会となっています。しかし、ストレスが老化の原因となっていて、ストレスは少なくとも2つのルートで老化させてしまうと言われています。1つは、ストレス自体が体を酸化させる要因となっていて、酸化臭という体臭の種類がありますが、酸化臭はストレスで体内に活性酸素が増えた結果で、皮膚や汗が酸化して発生してしまいます。

2つめはストレスは脳の機能を低下させてしまいます。うつ病になると脳内の神経伝達物質の流れが悪くなってしまうのですが、脳が老化することにより、体も老化してしまうのです。

また、ストレスを感じることにより、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されてしまい、免疫を抑制するので、ストレスにより病気になりやすくなってしまいます。ストレスの対処法は個人で違うと思いますが、笑うだけでもストレスが減ると言われていますので、笑いを武器にストレスを解消していくようにしましょう。意識して笑う機会を増やすようにしましょう。

■腸内環境を整えるです。腸は第二の脳ともいわれていて、体の中でも神経細胞が集中している場所です。特に免疫細胞の7割が腸に集まっているので、病気を予防する為には、腸内環境を整える事が何より大切になってきます。

■紫外線を避けるです。実際に肌の老化の原因としては90%は紫外線と言われています。紫外線はメラニン色素を蓄積させてシミの原因となるだけでなく、肌表面のコラーゲンを分解してしまいます。そのためにシワの原因となってしまうのです。

紫外線を防ぐためには、極力日光に当たらないようにする事が大切になってきますが、ずっと家の中で過ごすわけにはいきませんので、外出する場合には、日焼け止めを使う事がお勧めできます。また、紫外線を浴びたと感じる際には、ビタミンCを多く摂取することにより、肌へのダメージを最小限に抑える事が可能となっています。

■サプリを利用するです。実際に、健康を維持していく為には、様々な食材を摂取する必要がありますが、何よりもすべて毎日摂取する事が難しいと感じている人も多いと思いますが、そんな場合には、手軽に摂取する事が出来るサプリを愛用する事がお勧めできます。

実際に老化を防止したいと考えている人は、老化の原因を知ることにより、予防を行っていく事が出来て、老化についても知る事が出来ると思います。これまで間違った方法で老化防止をしてきたという人も多いと思いますが、そんな方は習慣を変えてみるようにしましょう。

http://atnrbeecrm.com/

男性でも女性でもいつまでも若くありたいと考えるものですが、何よりも今の時代は、様々な要因により身体の不調や肌のトラブルを招いてしまう時代となっていますが、規則正しい習慣を身につけることにより、老化を防いでいく一歩となります。

フランス人に学ぶ

オシャレは大事ですが、服を沢山持っている場合には、オシャレをする際にもそこまで難しくは感じません。しかし、服の枚数が少ない場合には、着こなしが必要になります。特に、小さい頃って服を沢山持っていても、中学生や高校生など学生になると制服があり、普段着る服って少なくなります。今回は、フランス人のファッションから学ぶ大切なことを紹介していきます。

フレンチシックと称されるようにフランスの女性のファッションは、無造作くなのに素敵に感じます。肩の力がニケ手いるのにどこまでもエレガントです。フランス人は10着しか服を持たないと言われています。

アメリカは、巨乳は圧倒的に男性ウケがいいと信じてかなわない米国女性です。バストを寄せてあげればセクシーになれないわけ?それに対抗して、貧乳を気にするどころか、楽しんでいるのがフランスの女性です。

また、移り気なフランスの女性は、ヒールもうまいこと使い分ける事が出来て、ドレスにぺったんこのサンダルをはきます。

自分の魅力を分かっているから余計な手を加えず、本人に備わった女たしさで十分と感じますが、他の女性は、胸元などを開けたりする人が多いですよね。

また、フランスの女性は、目元か口元のどちらかに重点をおきます。唇を赤にするとアイメイクを控えるような感じで自然なイメージがあります。

実際に、洋服を沢山持っているという人も多いと思いますが、たくさんあってもその中には着なくてしまっているという服もたくさん出てきますが、服をたくさん持つよりも、少ない服でどうコーディネートするかが何より楽しみでもあり、オシャレをしているというような気分になります。

たくさんの服を持っていると迷いが出てきますが、フランスの人のように10着でも着こなしでオシャレをする発想の方が楽しめると私は共感できたような気がします。

オシャレをするうえでは着こなしが難しいと感じる事もありますが、満足できるコーディネートが出来た時には、いつもより自信が持てる自分になった気もしますよね。

私の娘も学生なので、日常では制服ですが、友達が持っている服を見ると欲しいと言いますが、これからは、コーディネートで組み合わせを考えるようになって欲しいと感じます。

人と同じようなしなくても、流行に流されなくても実際に自分に似合った服を数枚持っておくだけでも素敵な女性でたくさん服を持っていても冒険で購入する際には、自分に似合わないという事もあります。

女性にとってファッションに興味があるという人も多いと思いますが、何より自信をもって着こなすことにより、本当のオシャレを楽しむ事が出来ると思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional